初七日、49日、100カ日の調べ方

 

2009年(平成21年)526日(火)作成

 

調べ方は、「カレンダーを使う方法」と

「パソコン( Microsoft Excel )を使う方法」があります。

 

カレンダーを使う方法

 

用意するもの:亡くなった月から4ヶ月後までのカレンダー

      (日めくりカレンダーではなく、1ヶ月の

                        日にち曜日が全部分かるカレンダー)

 

一番大事なことは、

「日にちで数えるのではなく、曜日で数えること」です。

 

2009年の21日(日)に亡くなったとして、

調べてみます。

 

 

初七日(しょなのか)

  亡くなった日の1週間後(同じ曜日)の1日前

 

21日(日)に亡くなったので、初七日は

1週間後の同じ曜日「28日(日)」の1日前なので、

 

27日(土)」になります。

 

 

2七日から49

初七日から1週間ごと(同じ曜日)

 

初七日が「27日(土)」とわかったので、それから

1週間ごとなので

 

2七日(ふたなのか)           214日(土)

3七日(みなのか)              221日(土)

4七日(よなのか)              228日(土)

5七日(いつなのか)           307日(土)

6七日(むなのか)              314日(土)

49日(しじゅうくにち)      321日(土)

 

49日は、7回目の七日(7日×7=49日)のことです

 

 

 

100カ日(ひゃっかにち)

14回目の同じ曜日の2日後

 

100カ日とは曜日で考えるなら、14回目の同じ曜日の

2日後です。

7日×14=98日、98+2=100日)

 

まず、49日(7回目)まで調べたので、これを14回目まで調べます。

 

 

1回目 初七日            207日(土)

2回目 2七日            214日(土)

3回目 3七日            221日(土)

4回目 4七日            228日(土)

5回目 5七日            307日(土)

6回目 6七日            314日(土)

7回目 49              321日(土)

8回目                         328日(土)

9回目                         404日(土)

10回目                         411日(土)

11回目                         418日(土)

12回目                         425日(土)

13回目                         502日(土)

14回目                         509日(土)

 

14回目が「59日(土)」とわかったので、その2日後

 

511日(月)」が、100カ日です。

 

 

最後に、正しいかどうかの確認として、

「初七日」と「亡くなった日」と「100カ日」の曜日は、

3つ連続で続きます。今回の計算で言えば、

 

初七日   :207日(土)

亡くなった日:201日(日)

100カ日  :511日(月)

 

となります。曜日が続かない場合は間違いですので計算しなおしてください。

 

 

 

 

 

 


パソコン( Microsoft Excel )を使う方法

 

 

  まず、A1からA9まで「亡くなった日」、「初七日」、

2七日」、「3七日」、「4七日」、「5七日」、

6七日」、「49日」、「100カ日」を順番に入力しま

 す。

 

 

 

        カレンダーの時と同じく、2009年の21日(日)に

        亡くなったとして調べてみます。

 

        B1に「2009/2/1」と入力します。

 

 


        B1からB9を選択します。

 

 

 

        そのまま、「書式」をクリックして、「セル」をクリックします。

 

 

 


        「表示形式」の「ユーザー定義」をクリックして、

        「種類(T): 」に、

 

                        yyyymd(aaa)

 

        と入力して、「OK」をクリックします。

 

 


        今までの「 2009/2/1 」から、「 200921()

        に変わりました。

 

 

 

        B2に「 =B1+6 」と入力します。

 

 

 

        キーボードの「Enter」キーを押すと、

        200927()」となりました。

 

 

 

        B3に「 =B2+7 」、B4に「 =B3+7 」、

        B5に「 =B4+7 」、B6に「 =B5+7 」、

        B7に「 =B6+7 」、B8に「 =B7+7 」と入力すると、

        49日までの日にちが出ます。

 

 

 

        最後に、B9に「 =B1+99 」と入力すると、

        100カ日の「511()」が出ます。

 

 

 

これで終りです。このファイルを保存しておけば、

B1を変えるだけですぐに計算してくれます。

 

合ってるかどうかの確認としては、

「初七日」と「亡くなった日」と「100カ日」の曜日が

3つ連続で続いていれば正しいです。今回はこうなったので正しいです。

 

初七日   :27日(土)

亡くなった日:21日(日)

100カ日  :511日(月)

 

 

 

2009平成21

初七日、49日、100カ日の一覧表のページへ

 

 

 

トップページ