お経の名前:正信偈(しょうしんげ)。正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)ともいいます。

 

お経の時間:20分くらい

 

このお経を唱える時:

 

法事の時に、唱えます。お通夜で唱える場合もあります。

 

このお経の唱えかた:

 

1、このお経は、音程があります。歌を歌うのと同じだと思ってください。お坊さんが唱えてたり、家族、親戚などが唱えていたら、ぜひそのお経を聞いてください。お経も音楽なので、リズムと音程は耳で聞かないとおぼえません。このお経のカセットテープやCDもあります。持っている人が近くにいる場合は、ぜひ借りて聞いてください。

 

このお経の音声を作りました。

ここをクリックしてください。

コンピューターの声を使っているので、ぎこちないですが、

リズムと音程は合ってます。

 

このお経の楽譜、「楽譜1」と「楽譜2」を見ながら、

または、このページの下に書いてるお経を見ながら、

聞いてください。

何回か聞いてるとおぼえてくると思うので、

次は、一緒に唱えてください。

声に出すと、おぼえが早くなります。

 

音声ファイルの時間は、1858秒です。

 

 

2、鐘は、お坊さんが唱える時は、お坊さんがやります。自分だけの場合は、自分で鐘を鳴らしてください。

 

3、「僧侶のみ」の部分は、自分だけで唱える場合は、全部唱えてください。

 

4、「*ここは...」と、*マークの後にある言葉は、読みかたのアドバイスです。お経ではないので、この部分は唱えないでください。

 

 

それではスタートです。

 

両手を合わせて「ナマンダブツ」と3回言い、その次に両手を合わせたまま、礼をします。

 

 

2

 

帰命無量寿如来      きーみょうむーりょうじゅーにょーらいー  *ここは僧侶のみ

南無不可思議光      なーもーふーかーしーぎーこーう                  *ここから全員で

法蔵菩薩因位時      ほうぞーぼーさついんにーじー

在世自在王仏所      ざいせーじーざいおうぶーっしょー

 

都見諸仏浄土因      とーけんしょーぶつじょうどーいーん

国土人天之善悪      こくどーにんでんしーぜんまーく

建立無上殊勝願      こんりゅうむーじょうしゅーしょうがーん

超発希有大弘誓      ちょうほつけーうだーいぐぜーい

 

五劫思惟之摂受      ごーこうしーゆいしーしょうじゅー

重誓名声聞十方      じゅうせいみょうしょうもんじーっぽーう

普放無量無辺光      ふーほうむーりょうむーへんこーう

無碍無対光炎王      むーげーむーたいこうえんのーう

 

清浄歓喜智慧光      しょうじょうかんぎーちーえーこーう

不断難思無称光      ふーだんなんじーむーしょうこーう

超日月光照塵刹      ちょうにちがーっこうしょうじんせーつ

一切群生蒙光照      いーっさいぐんじょうむーこうしょーう

 

本願名号正定業      ほんがんみょうごうしょうじょうごーう

至心信楽願為因      しーしんしんぎょうがんにーいーん

成等覚証大涅槃      じょうとうがくしょうだいねーはーん

必至滅度願成就      ひーっしーめつどーがんじょうじゅー

 

如来所以興出世      にょーらいしょーいこうしゅーっせー

唯説弥陀本願海      ゆいせつみーだーほんがんかーい

五濁悪時群生海      ごーじょくあくじーぐんじょうかーい

応信如来如実言      おうしんにょーらいにょーじつごーん

 

能発一念喜愛心      のうほついちねんきーあいしーん

不断煩悩得涅槃      ふーだんぼんのうとくねーはーん

凡聖逆謗斉回入      ぼんじょうぎゃくほうさいえーにゅう

如衆水入海一味      にょーしゅーしいにゅうかいいちみー

 

摂取心光常照護      せーっしゅーしんこうじょうしょうごー

己能雖破無明闇      いーのうすいはーむーみょうあーん

貪愛瞋憎之雲霧      とんないしんぞうしーうんむー

常覆真実信心天      じょうふしんじつしんじんてーん

 

譬如日光覆雲霧      ひーにょーにーっこうふーうんむー

雲霧之下明無闇      うんむーしーげーみょうむあーん

獲信見敬大慶喜      ぎゃくしんけんきょうだいきょうきー

即横超截五悪趣      そくおうちょうぜつごーあくしゅー

 

一切善悪凡夫人      いーっさいぜんまくぼんぶーにーん

聞信如来弘誓願      もんしんにょーらいぐーぜいがーん

仏言広大勝解者      ぶつごんこうだいしょうげーしゃー

是人名分陀利華      ぜーにんみょうふんだーりーけ

 

弥陀仏本願念仏      みーだーぶつほんがんねんぶーつ

邪見憍慢悪衆生      じゃーけんきょうまんまくしゅーじょーう

信楽受持甚以難      しんぎょうじゅーじーじんにーなーん

難中之難無過斯      なんちゅうしーなんむーかーしー

 

印度西天之論家      いんどーさいてんしーろんげー

中夏日域之高僧      ちゅうかーじちいきしーこうそーう

顕大聖興世正意      けんだいしょうこうせーしょういー

明如来本誓応機      みょうにょらいほんぜいおうきー

 

釈迦如来楞伽山      しゃーかーにょーらいりょうがーせーん

為衆告命南天竺      いーしゅーごーうみょうなんてんじーく

龍樹大士出於世      りゅうじゅーだーいじしゅーっとっせー

悉能摧破有無見      しつのうざいはーうーむーけーん

 

宣説大乗無上法      せんぜつだいじょうむーじょうほーう

証歓喜地生安楽      しょうかんぎーじーしょうあんらーく

顕示難行陸路苦      けんじーなんぎょうろくろーくー

信楽易行水道楽      しんぎょういーぎょうしいどうらーく

 

憶念弥陀仏本願      おくねんみーだーぶつほんがーん

自然即時入必定      じーねーんそーくじーにゅうひつじょーう

唯能常称如来号      ゆいのうじょうしょうにょーらいごーう

応報大悲弘誓恩      おうほうだーいひぐーぜいおーん

 

天親菩薩造論説      てんじんぼーさつぞうろんせーつ

帰命無碍光如来      きーみょうむーげーこうにょーらーい

依修多羅顕真実      えーしゅーたーらーけんしんじーつ

光闡横超大誓願      こうせんおうちょうだいせいがーん

 

広由本願力回向      こーうゆほんがんりきえーこーう

為度群生彰一心      いーどーぐんじょうしょういーっしーん

帰入功徳大宝海      きーにゅうくーどくだいほうかーい

必獲入大会衆数      ひつぎゃくにゅうだいえーしゅしゅー

 

得至蓮華蔵世界      とくしーれんげーぞうせーかーい

即証真如法性身      そくしょうしんにょほーっしょうじーん

遊煩悩林現神通      ゆうぼんのうりんげんじんずう

入生死園示応化      にゅうしょうじーおんじーおーげー

 

本師曇鸞梁天子      ほんしーどんらんりょうてんしー

常向鸞処菩薩礼      じょうこうらんしょーぼーさつらーい

三蔵流支授浄教      さんぞうるーしーじゅーじょうきょーう

焚焼仙経帰楽邦      ぼんじょうせんぎょうきーらくほーう

 

天親菩薩論註解      てんじんぼーさつろんちゅうげー

報土因果顕誓願      ほうどーいんがーけんせいがーん

往還回向由他力      おうげんねーこうゆーたーりーき

正定之因唯信心      しょうじょうしーいんゆいしんじーん

 

惑染凡夫信心発      わくぜんぼんぶーしんじんぽーつ

証知生死即涅槃      しょうちしょうじそくねーはーん

必至無量光明土      ひーっしーむーりょうこうみょうどー

諸有衆生皆普化      しょううしゅーじょうかいふーけー

 

道綽決聖道難証      どうしゃっけーっしょうどうなんしょーう

唯明浄土可通入      ゆいみょうじょうどーかーつうにゅう

万善自力貶勤修      まんぜんじーりきへんごんしゅー

円満徳号勧専称      えんまんとくごうかんせんしょーう

 

三不三信誨慇懃      さんぷさんしんけおんごん

像末法滅同悲引      ぞうまつほうめつどうひいん

一生造悪値弘誓      いーっしょうぞうまくちぐぜい

至安養界証妙果      しあんにょうかいしょうみょうかー   *ここはゆっくりと

 

善導独明仏正意      ぜんどうどくみょうぶっしょうい       *ここは僧侶のみ

矜哀定散与逆悪      こうあいじょうさんよぎゃくあく       *ここから全員で

光明名号顕因縁      こうみょうみょうごうけんいんねん

開入本願大智海      かいにゅうほんがんだいちかい

 

行者正受金剛心      ぎょうじゃしょうじゅこんごうしん

慶喜一念相応後      きょうきいちねんそうおうご

与韋提等獲三忍      よいだいとうぎゃくさんにん

即証法性之常楽      そくしょうほっしょうしじょうらく

 

源信広開一代教      げんしんこうかいいちだいきょう

偏帰安養勧一切      へんきーあんにょうかんいっさい

専雑執心判浅深      せんぞうしゅうしんはんせんじん

報化二土正弁立      ほうけにどしょうべんりゅう

 

極重悪人唯称仏      ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ

我亦在彼摂取中      がやくざいひせっしゅうちゅう

煩悩障眼雖不見      ぼんのうしょうげんすいふけん

大悲無倦常照我      だいひむけんじょうしょうが

 

本師源空明仏教      ほんしげんくうみょうぶっきょう

憐愍善悪凡夫人      れんみんぜんまくぼんぶにん

真宗教証興片州      しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう

選択本願弘悪世      せんじゃくほんがんぐあくせ

 

還来生死輪転家      げんらいしょうじりんでんげ

決以疑情為所止      けっちぎじょういしょうし

速入寂静無為楽      そくにゅうじゃくじょうむいらく

必以信心為能入      ひっちしんじんいのうにゅう

 

弘経大士宗師等      ぐきょうだいじしゅうしとう               *ここはゆっくりと

拯済無辺極濁悪      じょうさいむへんごくじょくあく       *ここはゆっくりと

道俗時衆共同心      どうぞくじしゅうぐどうしん               *ここはゆっくりと

唯可信斯高僧説      ゆいかしんしこうそうせつ                   *ここはゆっくりと

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー                      *ここは僧侶のみ

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー                      *ここから全員で

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあもあーみだーあーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあもあーみだーあーんぶー

                              なー

 

弥陀成仏のこのかたは                みだじょうぶつのこのかたは    *ここは僧侶のみ

いまに十劫をえたまえり            いまにじっこうをえたまえり    *ここから全員で

法身の光輪きわもなく                ほっしんのこうりんきわもなく

世の盲冥をてらすなり                せのもうみょうをてらすなり

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあもあーみだーあーんぶー

                              なー

 

智慧の光明はかりなし                ちえのこうみょうはかりなし               *ここは僧侶のみ

有量の諸相ことごとく                うりょうのしょそうことごとく           *ここから全員で

光暁かむらぬものはなし            こうけうかむらぬものはなし

真実明に帰命せよ                        しんじつみょうにきみょうせよ

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無                          なーああーもー

 

阿弥陀仏                  あーみだーんぶー                        *ここは僧侶のみ

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー            *ここから全員で

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーあーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

                              なー

 

解脱の光輪きわもなし                げだつのこうりんきわもなし    *ここは僧侶のみ

光触かむるものはみな                こうそくかむるものはみな        *ここから全員で

有無をはなるとのべたもう        うむをはなるとのべたもう

平等覚に帰命せよ                        びょうどうかくにきみょうせよ

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

                              なー

 

光雲無碍如虚空                            こううんむーげーにょこくう    *ここは僧侶のみ

一切の有碍にさわりなし            いっさいのうげにさわりなし    *ここから全員で

光沢かむらぬものぞなき            こうたくかむらぬものぞなき

難思議を帰命せよ                        なんじぎをきみょうせよ

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーあーんぶー

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー                      *ここは僧侶のみ

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー                      *ここから全員で

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあーもあーみだーあーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあーもあーみだーあーんぶー

                              なー

 

清浄光明ならびなし                    しょうじょうこうみょうならびなし              *ここは僧侶のみ

遇斯光のゆえなれば                    ぐしこうのゆえなれば                                      *ここから全員で

一切の業繋ものぞこりぬ            いっさいのごっけものぞこりぬ

畢竟依を帰命せよ                        ひっきょうえをきみょうせよ

 

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーもあーみだーああーんぶー

南無阿弥陀仏          なーあもあーみだーあーんぶー

                              なー

 

仏光照曜最第一                            ぶっこうせうえうさいだいいち           *ここは僧侶のみ

光炎王仏となづけたり                こうえんのうぶっとなづけたり           *ここから全員で

三塗の黒闇ひらくなり                さんずのこくあんひらくなり

大応供を帰命せよ                        だいおうぐうをきみょーせよ

 

願以此功徳              がんにーしーくーどく                *ここは僧侶のみ

平等施一切              びょうどうせーいーっさい        *ここから全員で

同発菩提心              どうほつぼうだいしん

往生安楽国              おうじょうあんらっこー            *「往(おう)」に合わせて

                                                                                          鐘1回。「安(あん)」に

                                                                                           合わせて鐘1回。

                                                                                           「国(こく)」に合わせて

                                                                                           鐘1回。合計3回。

 

 

両手を合わせて「ナマンダブツ」と3回言い、その次に両手を合わせたまま、礼をします。

 

 

これで終わりです。

 

 

 

お経のページへ

 

 

 

トップページへ